出羽三山神社からのお知らせ

3月5日(火)倭楽(やまとがく)奉納奉告祭について
2013-02-21
当社では明治の初めに奈良春日大社社家富田光美夫妻より伝承されました「倭楽」を今でも各御祭事においてご奉仕申しあげております。既に百数十年を経て、当社の神事芸能として定着し、先人が大事に守り伝えてきたものであり、殊に手向地区内、また出身者には、幼い頃神坂を歩いて登りご奉仕頂き、まだまだご健在の方もおられます。またご参詣の方々にも行の山としての厳しさとはまた違った雅な姿に、千四百年を越す信仰の奥深さをお感じの方もいらっしゃることと存じます。
しかし残念ながら、長い年月の中で、昨今やや簡略化してきた面もあり、此れを嘆く声など、伝承していくことの難しさも感じております。
伝統を絶やすことなく受け継いでゆくため、平成21年丑歳御縁年を機に、奉納奉告祭を毎年斎行することとなり、今年で5回目を迎えました。
つきましては、例年に引き続き下記により日頃の成果をご奉納、ご披露致したく準備を進めておりますので、ご案内を申しあげます。

 
1、日時   平成25年3月5日 (火)
             午前9時より
1、場所   三神合祭殿
1、内容   全14演目約2時間半
1、備考   ご参列は自由です。本殿内は大変寒い事が予想されますので温かい服装でお越しください。多くの皆様のご参列をお待ち申し上げております。