出羽三山とは羽黒山、月山、湯殿山の総称で
明治時代までは神仏習合の権現を祀る修験道の山であった。
明治以降神山となり、羽黒山は稲倉魂命、月山は月読命、
湯殿山は大山祇命、大国主命、少彦名命の三神を祀るが、
開山以来、羽黒派古修験道は継承され、
出羽三山に寄せる信仰は今も変わらない。
湯殿山

出羽三山神社からのお知らせ

出羽三山シンフォニー開催のお知らせ(催行決定 9/18)
2017-08-27
修験の山・山岳信仰の聖地として1,400年の歴史を刻み続け
平成28年度「日本遺産」に認定された出羽三山。
羽黒山が現在、月山が過去、湯殿山が未来をつかさどり、
生きながらにして私たちの魂を甦らせてくれる日本の聖地。
今回は、この山のはじまりのストーリーに触れながら太古からのメッセージに
耳を澄まし、現代の私たちを潤してくれる1,400年の想いを紐解いていきます。
日本国内では大変希少な、屋外でのオーケストラ演奏。
緑溢れる蒼穹の羽黒山で信仰のはじまりと云われる「鏡池」を背景に、
山形交響楽団の演奏をお愉しみください。
 
日時:2017年09月18日
 
場所:出羽三山神社(羽黒山山頂) ※雨天時:鶴岡市藤島体育館
 
開演時間:午後3時(開場午後2時)
 
指揮 永峰 大輔
管弦楽 山形交響楽団
 
曲目
久石 譲/「もののけ姫」より「アシタカせっ記」
八木澤 教司/輝きの海へ(管弦楽編曲版)
パッヘルベル/カノン(管弦楽編曲版)
ベートーヴェン/交響曲第7番 第1楽章 ほか