本文へ移動

出羽三山神社からのお知らせ  

新型コロナウイルス鎮静祈願 千度大祓並び火祭護摩祈祷 斎行のお知らせ
2020-04-08
蜂子皇子について
蜂子皇子は出羽三山神社の開祖にして、羽黒派古修験道の開祖にあたるお方です。皇子は般若心経
)』の「能除
()一切
()
()」の文を唱え、人々の疾患や苦悩を
()
()かれたことから、能除仙
()能除
()太子
()能除
()大師
()などの尊称で呼ばれていました。また、羽黒修験道冬の峰である「松例祭」の由来は、庄内地方に疫病
()が蔓延し、農作業に従事する農民が次々に亡くなってしまいました。皇子は山麓手向
()集落の聖山
()に籠り御祈願されると、百日目の満願の日「悪魔を焼き払え」というお告げがありました。人々は皇子の言葉に従い悪魔に見立てた大松明を象り焼き払うと、疫病はたちまち退散しました。現在もこの故事に習い、天下
()泰平
()国土
()安穏
()風雨
()
()
()五穀
()豊穣
()万民
()快楽
()を祈り、手向集落の古老山伏二人が松聖となり、大晦日が百日目の満願となるよう籠りの行を行なっています。
0
3
9
5
5
9
5
7
TOPへ戻る