太々神楽

太々神楽のすすめ

出羽の三山は悠遠(とおい)(いにしえ)から山麓に暮した私達の祖先の「たましい」のよりどころでありました。
山々に鹿や猪を狩し、浜辺に貝を拾い、種々の魚をあさって海山の幸に暮しを支えた古い昔から、又、焼畑を作り、三山の峰々から滴り落ちるちよろちよろ水を引いて田作りした遠い昔から、照るにつけ、曇るにつけ、朝に夕に仰いでは、お山の御恵を奉謝した生活は、思えば長い月日でありました。
この長い間の大地との営みのうちに、自然に培はれたお山に対する深い信仰は、私達の身の内に血となり、肉となって、昔も今もいさゝかも変りなく静かに流れている事でありましょう。
しかし乍ら、今の世の中はお互いが世の移り変りのはげしい中に、日々の「生活」を立てゝいるために、周囲の御恩をしみじみと思い浮かべずに過ごしてはいないでしょうか。
私達は、私達の奥底にひそひそと流れている、この流れを呼びさまし、一日だけでもいゝ、羽黒の太々神楽に思いを込めて、神恩の報謝と一家の安穏とをお祈りして、わが家にほのぼのとしたひとすじの光を導き入れてはみませんか。

太々神楽

太々神楽祈祷

●予約(要)/TEL.0235-62-2356
●初穂料/50名まで一座200,000円(50名以上→1名毎4,000円)
●太々神楽所要時間/約40分
 

小神楽

小神楽祈祷

●予約(要)/TEL.0235-62-2356
●初穂料/30名まで一座90,000円(30名以上→1名3,000円)
●小神楽所要時間/約30分