本文へ移動

出羽三山神社からのお知らせ

祈年祭併せ新型コロナウイルス鎮静祈願祭が無事斎行されました
2020-05-13
5月8日祈年祭が羽黒山頂の三神合祭殿で斎行されました。
本年は新型コロナウイルス感染拡大防止の為、一般の崇敬者の参列はご遠慮いただき、責任役員理事と崇敬会長にのみご参列をいただいてのご斎行となりました。
祭事はでは祈年祭祝詞に併せて特別に新型コロナ鎮静祈願祝詞が奏上されました。
また農耕が始まるこの時期に先立って行われる御田植神事では、耕作から収穫までの一連の神事や田舞が行われ、今年の五穀豊穣を大神様にお祈りいたしました。
 
またこれに先立って前日の5月7日羽黒山境内において、新型コロナウイルス退散祈願 千度大祓・火祭護摩祈祷が執り行われました。
当日は天候にも恵まれ、定刻の午後1時になると山伏のほら貝の音を先導に、約20人の神職・山伏がそれぞれの斎場へと参進、蜂子神社内では千度大祓が、蜂子神社前に特別に組まれた護摩壇では火祭護摩祈祷が同時に進行されました
事前のご案内により、当日まで県内外より5000件を超える護摩木のお申込をいただき、山伏が祝詞奏上の間、新型コロナウイルス鎮静の願いを込めた祈願者全員の住所と名前を奏上致しました。
全国からいただいた多くの皆様の御信仰の真心に深く感謝いたしますと同時に、大神様もご嘉納あらせられた事と拝察申し上げます。
 
以下↓火祭護摩祈祷の様子を撮影した動画と共に両日の写真を掲載致しましたのでぜひご覧ください。
 
 
 
今後も大神様の更なるご加護を仰ぎ、その御恵みに感謝しつつ、現在の新型コロナ禍が一刻も早く終息することを心よりご祈念申し上げます。
祈年祭(御田植神事)
新型コロナウイルス鎮静祈願祭
0
3
5
4
0
4
1
6
TOPへ戻る